中学受験塾は授業体験して選ぶことが大切

2016年に慶應中等部合格を目指して国語の勉強をする上でもっとも重要なのは塾選びです。中学受験といっても様々な種類や対策があり大手の受験指導塾から、少人数制、個別指導系や家庭教師など様々な形態があります。それぞれメリットはありますが、一番大切なので子供との相性です。学ぶ環境作りが成功すれば合格への大きな一歩となることでしょう。

子供にあう学習環境が合格への近道

塾にはそれぞれ無料で授業体験というものを実施しています。実際の授業に参加して雰囲気や教え方を体験できます。息子が中学受験をしたときに、そのような体験はせず口コミと大手という安心感から、全国規模の進学塾を選んでしまいました。もちろん大手なので先生も経験豊かで指導実績もたくさんあるのですが、最初の授業からつまずいてしまった息子は授業が進むにつれてどんどんおいていかれてしまいました。このままでは偏差値が中学受験まで上がらないと思い、息子に合いそうなところをさがして説明をききました。そして体験を受けてみました。体験をうけたうちの1つに、息子がつまずいている箇所に先生が気づいてくださり、体験後もちょっとした時間を使って補習をしてくださるところがありました。息子もその教室を気に入って転塾。そして、今までの勉強は何だったのかというくらい偏差値を上げてくださいました。悩んでいたらまずは体験してみることがおすすめです。将来慶應大学等の受験対策の際に子供にあう学習環境が合格への近道です。